メニューを開く
メニューを閉じる

HOME

Tohwa resort planningとは

About

トレーラーハウスの魅力

Trailer house

リゾートガーデンの魅力

Resort garden

バリ雑貨・オーダー家具の魅力

Bali goods

施工事例

ショールーム

KURA−WALL

Blog

FACE BOOK

お問い合わせはこちらから
お問い合せ
お問い合わせはこちらから
お問い合せ
トーワリゾートプランニング
メニューを開く

アジアンリゾートを演出する観葉植物⑨

南国を感じさせる濃い緑色の葉っぱが美しく、花や実も楽しめる観葉植物、コーヒーの木。

日本全域はコーヒーベルトのエリアには入っていませんが、自宅で育ててオリジナルの自家製コーヒーを楽しめたら素敵ですよね。

大きく成長するためシンボルツリーとしてもおすすめのコーヒーの木についてご紹介していきます。

コーヒーの木とは

エチオピアを原産地とするコーヒーの木は熱帯アフリカなどに約100種が自生しており、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種などがありますが、一般に日本で観葉植物として流通しているものはアラビカコーヒーの木です。

原産地などでは2~8mほどにまで成長しますが、コーヒー豆の収穫をする農園などでは2~3m程度に、観葉植物の場合は1.5~2mくらいの高さになります。

光沢のある濃い緑色の葉っぱが特徴で、花が咲いた後には緑色の実をつけます。

完熟した赤い実はさくらんぼに似ているためチェリービーンズと呼ばれ、食べると甘みがあり、中にはコーヒーの種が2つ向かい合うように入っています。(まれに1個だったり3個だったりもします) つまりコーヒー「豆」ではなく、「種」なんですね(^^)。

「コーヒーベルト」とは?

コーヒーの栽培に適している地帯、赤道をはさんで北緯25度~南緯25度のエリアをコーヒーベルトと呼びます。

日当たり、降雨量、温度、土壌、そして標高の5つがコーヒー栽培の条件で、これらを満たしているコーヒーベルトのエリアではコーヒーの木がよく育ち、おいしいコーヒー豆が収穫できるのです。

中南米のブラジルやコロンビア、アフリカ大陸のケニア、エチオピアや、アジアではインドネシアやベトナムなどが含まれていて、日本では沖縄などがエリア内に入りますが、雨季・乾季がないため大規模な栽培は難しいようです。

命短い貴重なお花

コーヒーの木はジャスミンのようなさわやかな香りの、真っ白で可憐な花を咲かせます。

なんとたった二日しか咲かない貴重なお花なのですが、お茶や香水なども作られているそうです。

もし自宅で開花したら、やがてチェリービーンズとなり、オリジナルコーヒーを楽しめるかもしれませんよ。

「一緒に休みましょう」という花言葉のあるコーヒーの木。

共にコーヒーを飲んでリラックスしたい相手に、プレゼントとしてコーヒーの木を贈るのも素敵かもしれませんね。

ヤシの木販売

Tohwa resort planning

トーワリゾートプランニング

お問い合わせは029-350-8576まで

茨城県はもちろん、栃木県 、千葉県にも納品・施工に伺います。

日常をリゾートに。自宅にヤシの木を植えませんか?