メニューを開く
メニューを閉じる

HOME

Tohwa resort planningとは

About

トレーラーハウスの魅力

Trailer house

リゾートガーデンの魅力

Resort garden

バリ雑貨・オーダー家具の魅力

Bali goods

施工事例

ショールーム

KURA−WALL

Blog

FACE BOOK

お問い合わせはこちらから
お問い合せ
お問い合わせはこちらから
お問い合せ
トーワリゾートプランニング
メニューを開く

絶対枯らさない!ドラセナを元気に育てる方法

ドラセナは丈夫で育てやすく、種類も豊富で初心者にも人気ですが

「エアコンの効いた室内でも大丈夫?」

「水やりはどのくらいのタイミングがベスト?」

見慣れない植物なので、不安が多く購入できない方も多いでしょう。

すでに育てていても

「伸びた枝はどのくらいの長さに剪定したら良いの?」

「鉢が小さくなってきたら植え替える?」

という悩みを持っている方も少なくないでしょう。

今回はドラセナを枯らさずに元気に育てる方法をご紹介します。

ドラセナを美しく元気な姿にする3つのポイント

今回は初心者向けにドラセナの育て方を紹介します。ポイントは3つだけです。


  • 置く場所
  • 水やりの頻度とタイミング
  • 温度環境

この3つです!順番に説明していきますね。

ポイント① 置く場所

おすすめの置き場所は、室内の日当たりの良い場所です。

昼間はレースのカーテンであれば日が当たりますのでOKです。

ドラセナはもともと日陰にも耐えられる性質がありますので、若干暗めの部屋でもしばらくは育ちますが、長期間になってしまうと日照不足になります

葉が弱って垂れてきてしまいます。

そうなることを避けるためにも、1週間のうち4日程度、5時間くらいは明るい部屋で日光浴をさせてください。

日が当たりすぎる屋外はおすすめできません。「葉焼け」といってやけどをおこしてしまい、葉が黄色に変色してしまいます。

一度焼けてしまった葉は元の色には戻らないので、注意が必要です

水やりの頻度とタイミング

水やりのポイントは、3つだけです。


  • 土が乾いていたらたっぷり水をあげる
  • 土が乾くまでは水をあげない
  • 受け皿に水をためない

これだけ!

ドラセナを枯らしてしまう一番の原因が「水やり」です。

ドラセナは2~3日水やりを少々忘れたぐらいでは枯れませんが、水を与えすぎると枯れてしまいます。

上の3点をしっかりと頭に入れ水やりを行えば、ドラセナを枯らす心配はありませんのでぜひ覚えておきましょう。

生育に最適な温度環境

ドラセナは寒さがが苦手な観葉植物

10℃を保てる環境が望ましいですが、最低でも5℃以上の温度は保ちましょう。

冬場は暖かいお部屋に置いてあげて下さい。

暑さに関して「何℃以上はだめ!」ということはありませんが、暑い時期は風通しの良い場所で管理してあげましょう。

トーワリゾートプランニングでした。

ヤシの木販売

Tohwa resort planning

トーワリゾートプランニング

お問い合わせは029-350-8576まで

茨城県はもちろん、栃木県 、千葉県にも納品・施工に伺います。

日常をリゾートに。自宅にヤシの木を植えませんか?