メニューを開く
メニューを閉じる

HOME

Tohwa resort planningとは

About

トレーラーハウスの魅力

Trailer house

リゾートガーデンの魅力

Resort garden

バリ雑貨・オーダー家具の魅力

Bali goods

施工事例

ショールーム

KURA−WALL

Blog

FACE BOOK

お問い合わせはこちらから
お問い合せ
お問い合わせはこちらから
お問い合せ
トーワリゾートプランニング
メニューを開く

バリの果物、マンゴスチン

南国リゾートとして人気のバリ島。

ホテルのウェルカムフルーツや朝食に登場する果物の中には、日本ではあまり見かけないものがあります。

それ以外にも食べるときに注意が必要なものや、変わった調理法があるものなど、バリ島の果物は種類豊富!

また、日本では馴染みのない野菜もあり、「これ何?!」と思うことも。

ここではそんな南国特有の果物や野菜たちをご紹介していきます。

今回は「マンゴスチン」のご紹介です。

マンゴスチンとは

果物の女王と呼ばれるトロピカルフルーツ「マンゴスチン」は、インドネシアやタイ、フィリピンなど東南アジアを原産とする果物です。

実際に大英帝国のビクトリア女王が夢中になったこともあるとか。

分厚い果皮の中には乳白色の果実が6個ほど並んでいて、大きなものには種が入っていることがあります。

日本では2003年に生のマンゴスチン輸入が解禁となり、冷凍だけでなく生でも味わうことができるようになりました。

現地ではKg当たりおよそ200~450円(1個25円~60円くらい)で購入できます(^^)。

あまり日持ちしない果物なので、買ってから3日以内に食べるのがおすすめ。 冷凍とフレッシュの違いをぜひ味わってください。

気になる味と選び方

濃厚な甘み、酸味が絶妙のバランスの果物で、果汁もたっぷり。

ライチよりもやや甘みが強く、果肉は繊維質っぽいのに口の中でとろけるような柔らかさ。

フルーツのシーズンである雨季には、現地の市場やスーパー、道端などで山盛りになって売られています。

1個1個手に取って触って、皮の硬さを確かめたりしながら選ぶことも可能です。

へたが緑色で皮に弾力があって、濃い赤紫色をしているものが新鮮なマンゴスチン。

またおしりに薄茶色の花びらのような模様があるのですが、この数=果実の数なので、ここもチェックするといいですよ。

食べるときの注意

ナイフなどを使わなくても、両手で挟んでぎゅっと力をいれると割れ目ができます。

割れ目にそって半分に皮を開けば、お行儀よく並んだ乳白色の果実とご対面!

ただし皮の内側の赤い部分を触ると、手が真っ赤に染まります。

衣服やタオルなどにつくと、どんなに洗っても落ちません。

また大量に食べすぎると、かゆみやじんましんなどのアレルギー反応が出ることがあります。

初めて食べるときはこの2点をお忘れなく!

マンゴスチンの果皮でアンチエイジング

果実の部分には、これといって豊富な栄養素はないマンゴスチン。

ところが、果皮に「キサントン」というポリフェノールが豊富に含まれているのです。

非常に強力な抗酸化作用があることが知られていて、解熱、殺菌、抗炎症作用などがある「天然の抗生物質」と呼ばれています。

さらに美肌、アンチエイジング、抗ガン作用、糖尿病・高血圧予防の効果が期待できるという優れもの!

果皮は苦くてそのまま食べることは難しいのですが、お茶にすれば手軽にキサントンを摂取できますよ。

現地では果皮を乾燥させてお茶っ葉のようにして、「マンゴスチンティー」として飲んだりします。

もちろんお土産用のマンゴスチンティーも売っていますよ。

フレッシュなマンゴスチンが手に入ったら、果実と果皮、ぜひ両方試してみてくださいね。

ヤシの木販売

Tohwa resort planning

トーワリゾートプランニング

お問い合わせは029-350-8576まで

茨城県はもちろん、栃木県 、千葉県にも納品・施工に伺います。

日常をリゾートに。自宅にヤシの木を植えませんか?